fc2ブログ

なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

住民監査請求 平成18年度 問題24の過去問分析 その2

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



初めてブログを見に来ていただいた方はまず こちらへ どうぞ!


合格者の方々のコメントは こちら です。






NEW 過去ログ倉庫&まぐまぐ&ご質問の仕方については こちら をご覧ください。






◆ まぐまぐは、迷惑メールや著作権等の関係で最新号のみの発行に変更しましたのでご了承ください。





 

  
なお、途中から登録された方でまぐまぐの記事について閲覧をご希望される場合は、コメントしていただければ適切に対応いたしますので、よろしくお願いいたします。








問題24を分析していきましょう。




過去問がない方は下記のリンクで参照してください。
http://www.sikakuyo.com/gyousho/honsiken/183mondai.html

前回の続きです。


前回説明した4種類の住民訴訟をするためには、直ちに訴訟を提起することはできず、まず住民監査請求(242条)をしなければならないのが原則です。


問題17でやった審査請求前置主義とよく似ていますね。


地方公共団体の監査については、基本的には専門家である監査委員に任せてあります。


ですから、まずは監査委員の判断を聞いて、その上で、監査委員の判断に納得できないときに、第三者たる裁判所に判断を委ねるのです。


そして、市長などには、円滑・迅速な行政サービスを実現する役割が与えられているので、その行為が適法であっても妥当か不当かまで判断できるのです。


ですから、行政不服申立てと同様に住民監査請求においては公金支出などの違法性のみならず不当性をも争うことができるのです。


以上を踏まえて、肢2、5、1を解答していきましょう。



<肢2>



前回の通り、住民訴訟は、地方公共団体の違法行為などの是正を求める民衆訴訟の一つです。


そして、上記の通り、住民訴訟をするためには、直ちに訴訟を提起することはできず、まず住民監査請求(242条)をしなければならないのが原則です。


ですから、住民監査請求では個人の権利・利益に関わらず、地方公共団体の違法行為などがあれば、その是正を求めるために住民なら誰でも請求できるのです。


有権者かどうかに関わらず住民ならば地方公共団体の違法行為は是正してもらわないと困るからです。


よって肢2は誤りです。



<肢5>



上記の通り、行政不服申立てと同様に住民監査請求においては公金支出などの違法性のみならず不当性をも争うことができるのです。


これに対して、前回の通り、住民訴訟では、取消訴訟と同様に法律の適法・違法についてのみ判断するのです。


行政不服申立ておよび取消訴訟などの抗告訴訟と一緒に覚えてしまいましょう。


よって、肢5は正しいのです。


<肢1>



上記の通り、住民訴訟をするためには、直ちに訴訟を提起することはできず、まず住民監査請求(242条)をしなければならないのが原則です。


しかし、専門家である監査委員が、住民監査請求があった日から60日以内に監査または勧告をしないならば、もはや、監査委員の判断を待っていられませんし、住民監査請求をした意味がありません。


監査委員がやらないならば、監査委員の判断を待たずに住民自ら住民訴訟できなければ、民意の反映の観点から妥当でありません。


そこで、このような場合は、例外的に監査委員の監査・勧告が出されなくとも、住民訴訟を提起できるのです。


よって、肢1は誤りです。


住民訴訟・住民監査請求においても、地方公共団体の主役は住民であるということをもう一度確認してください。


今回はこのあたりで終わります。



スポンサーサイト



テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

コメント

質問またはコメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/tb.php/61-7913ad03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)