fc2ブログ

なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

判例知識は不要!? 国家賠償法 23年度問題20 行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



 (解説・・・H23-20)
 
本問は、細かい判例知識を問う問題ではありません。
 
国家賠償法1条の要件である「公権力の行使」の解釈についての基本的な知識を問う問題です。
 
そこに気づけば「国家賠償責任を負うことはない。」という文末から判断するだけでも容易に正解できるでしょう。
 
国家賠償法は、憲法17条を受けてできた法律ですので、国の過ちに対して損害を受けた国民の人権保障を守るものです。
 
そうであるなら、国などが関わった違法行為に対しては広く損害賠償できることが望ましいです。
 
ですから、国家賠償法1条を国家賠償責任の一般法ととらえ、「公権力の行使」には、公の営造物に関する瑕疵および純然たる私経済活動を除く行政活動すべてを含むものと広く解されているのです。
 
具体的には、行政行為、強制執行、即時強制などの本来的な権力作用のほか、行政指導や、国公立学校での教育活動のような非権力的な行政活動や公的事実行為も含まれます。
 
そういう意味で、ほとんどの公の作用が基本的に「公権力の行使」には含まれます。
 
含まれないものの方が極めて稀であるということです。
 
それだけ被害者を厚く保護するという趣旨です。
 
ですから、本問の場合、判例を知らなくても「国家賠償責任を負うことはない。」という肢アとイの文末からこれらが誤りであることがわかるでしょう。
 
 
以上より、解答は 5 となります。
 
 
  こういう時期だからこそ、知識をつめこんで増やすのではなく、重要なポイントをシンプルに押さえておくことが肝心なのです。


 今回はこの辺りで終わります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

コメント

質問またはコメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/tb.php/450-c985b38c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)