fc2ブログ

なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

相続の放棄と廃除の区別はつきますか?  行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



<解説>




(エ) 誤  (オ) 誤
 
廃除(892条)・欠格(891条)の場合は、大雑把にいうと相続人がいわば悪人ゆえに、被相続人の意思により、あるいは法律上当然に相続人から除外してしまうものです。
 
悪人かどうかは人によって違いますから、悪人だけ除外すればよいので、代襲相続するのです(887条)。
 
これに対して、相続の放棄は、放っておけば被相続人の財産を受継ぐのを(=単純承認)、あえて相続人が自らの意思で、被相続人の財産を一切承継しないことをいいます(915条)。
 
相続人の意思が尊重され、その意思がその直系卑属にも受け継がれるため、相続財産が一切承継されず、代襲相続されないのです。
 
相続放棄の場合は代襲相続されないので注意しましょう。
 
以上の知識さえあれば、本問の肢エとオの正誤は簡単に判断できますね。
 
エもオも誤りですから、解答の肢を切ると、1しか残りません。
 
本番では、これでもう正解ですから、残りのア~ウはよくわからなくてもよいのです。
 
出題意図としては、相続の放棄と廃除の区別はつきますか?  ただこれだけです。
 
ア~ウもみていきましょう。
 
相続問題は単純な条文レベルの知識がほとんどですので、ポイントだけにします。
 
 
(ア) 正
 
AとCはどっちが先に死んだかわからない=同時死亡の推定(32条の2)
 
ですから、両者の間に相続は生じません。
 
そうすると、Aの相続に関しては、Cを除外して考えればいいので、BとDが相続人になりますね(889、887条)。
 
よって、アは正しいです。
 
(イ) 誤
 
胎児であっても、胎児を保護する観点から、以下の3つの場合に権利能力を有します。
 
不法行為の損害賠償(721条)・相続(886条)・遺贈(965条)
 
ただし、生きて生まれたら遡って権利能力を取得することに注意=停止条件説(3条)
 
この場合、相続人となるのは、BとCであり、Aの母Dは相続人とはなりません。
 
よって、イは誤りです。
 
(ウ) 正
 
養子も縁組の日から、嫡出子(809条)となるので、法的には血のつながった実の子と同じです。
 
ですから、実子と同じ相続分になります。
 
よって、ウは正しいです。
 
以上より、正解は、 1 となります。 
 
 
 これで今年度の民法の解説は終わります。
 
 次回から行政法の解説をしていきます。
 
 毎日全国的に猛暑日が続いていますが、体調に気をつけて頑張っていきましょう!


スポンサーサイト



テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

コメント

質問またはコメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/tb.php/443-89153d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)