なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

スポンサーサイト

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間の計算は、意外と面倒?!  行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



(解説)
 
期間の計算は、起算日応答日を正確にとらえることが重要です。
 
1 誤
 
初日不算入(140条本文)から、起算日は3月1日となります。
 
1年間の応答日は、翌年の3月1日となります。
 
その前日が期間の末日となります。が、うるう年であるため、2月29日の午後12時となります。
 
なお、問題文に午後12時とあるが、3月1日の午前0時と書くと誤解を生じるため、2月29日の深夜12時という意味です。
 
お昼の午後12時ではないということです。
 
期間の計算の場合、深夜12時を午後12時と表現するので、こういう言い回しにも慣れておきましょう。
 
2  正
 
初日算入(140条但書)から、起算日は7月1日となります。
 
4ヶ月後の応答日は、同年の11月1日となります。
 
その前日が期間の末日となります。
 
しかし、10月31日は、日曜日であるため、次の日の11月1日の午後12時に期間が満了します(142条)。
 
3  誤
 
時間によって期間を定めたときは、その期間は、即時から起算する(139条)。
 
よって、本肢において期間が満了するのは、翌々日10月22日の午前11時30分である。
 
4  正
 
年齢の計算においては初日算入となります。

138条の特別な定めに「年齢計算に関する法律第1項」が含まれ、これが適用されます。
 
そのため、起算日は出生日となり、応当日は誕生日を指すため、出生日の応答日の前日の満了(午後12時)をもって年齢が加算されます。
 
よって、昭和40年1月1日に生まれた者は、昭和59年12月31日午後12時(=1月1日午前0時)に成年に達するのです。
 
5  誤
 
 会社法でこのような起算日が遡及する計算をさせる問題が出ることがあります。
 
 初日不算入(140条)から、起算日は10月19日となります。。
 
5日前の応答日は10月15日午前0時となります。
 
丸々5日間なければならない。
 
よって、その前日の10月14日午後12時までに開催通知を発しなければならないのです。
 
以上より、解答は 2つ となります。
 
期間の計算は結構面倒ですので、試験で出題されると意外と時間がかかって焦って間違うことがありますので、今のうちから簡単なものについてはできるようにしておきましょう。
 
今回はこの辺りで終わります。
 
 

スポンサーサイト

テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

コメント

質問またはコメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/tb.php/430-cc29f263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【期間の計算は、意外と面倒?!  行政書士試験】

(解説)

  • 2012/04/11(水) 20:11:15 |
  • まとめwoネタ速suru

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。