fc2ブログ

なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

株式と株主総会の基本事項を問答対話方式で押さえる!?

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



初めてブログを見に来ていただいた方はまず こちらへ どうぞ!

平成19年度合格者の方々のコメントは こちら です。 

平成20年度合格者の方々のコメントは こちら です。

平成21年度合格者の方々のコメントは こちら です。

過去ログ倉庫&まぐまぐ&ご質問の仕方については こちら をご覧ください。

まぐまぐは、現在すべて公開しております。 


 
まぐまぐの登録をされていない方は、以下のリンク先を参照してみてください。
 
まぐまぐ問題
http://archive.mag2.com/0000260438/index.html


 
(解答・解説)
 
今回は、株式及び株主総会の基本に関する出題にしてみました。
 
正解できたでしょうか。
 
会社法は最後に勉強することも多いため知識の詰め込みになりやすい科目です。
 
この問題を通して単に結論だけではなく、先生の質問と生徒の回答という問答対話方式で押さえておくと覚えやすいでしょう。
 
先生:Aさんは、会社を設立しましたが、最初は小規模な会社にして少しずつ大きくしたいと思っています。そのため、会社にとって好ましくない株主が自由に入ってこないように定款で株式の内容についての特別の定めをしました。どのような内容の定めをしたかわかりますか。
生徒:はい(ア譲渡制限株式)です。
先生:そうですね。全部の株式についてこの定めをすることによって、株式を譲渡する際には、ある機関の承認が必要となります。どの機関ですか。
生徒:はい、(イ株主総会)です。
先生:そうですね。Aさんの会社では、このような内容の株式となっているのです。では、このように株式を譲渡する際にある機関の承認が必要となる場合は、ある原則の例外ですが、その原則とは何ですか。
生徒:はい、(イ株式譲渡自由の原則)です。
先生:そうですね。では、株主としての資格に基づく法律関係においては、その内容及び持ち株数に応じて平等に扱われなければならないとする原則を何といいますか。
生徒:はい、(ア株主平等の原則)です。
先生:そうですね。この原則には、株式会社における多数決の濫用を防止して少数株主を保護する機能があるのです。では、この原則の例外として、Aさんの会社では、剰余金の配当、残余財産の分配、株主総会における議決権について株主ごとに異なる取り扱いを行う旨を定款で定めることができますか。
生徒:(アはい、できます。)
先生:そうですね。それはなぜですか。
生徒:はい、Aさんの会社が(イ非公開会社)だからです。
先生:そうですね。小規模な会社では、株主の個性に合わせて定款自治を広く認めても問題とならないので法律上の例外が認められているのです。では、この原則の解釈上の例外について質問します。株式会社が、一般株主に対して配当しないにも関わらず、特定の大株主に対してのみ、中元、歳暮等の名目で金銭を贈与した場合、株主平等の原則に反するでしょうか。
生徒:(アはい、反します。)
先生:そうですね。それはなぜですか。
生徒:はい、(イ 特定の大株主に対してのみ、中元、歳暮等の名目で金銭を贈与した場合、実質的に剰余金配当をしたのと同様です。そのため、一般株主には無配としながら、特定の大株主に対して無配の損失填補とする贈与は特定の大株主のみ有利に扱うものとなるからです。)
先生:そうですね。では、株主総会において会社が従業員株主を別の入り口から入場させて前方に着席させることは、合理的な理由があっても株主平等原則に反するでしょうか。
生徒(イいいえ、反しません。)
先生:そうですね。それはなぜですか。
生徒:はい(イ株主総会の議事進行の妨害や議長および役員席を取り込まれたりするという事態が予想され、株主に質問や動議提出の機会が与えられ、議長の秩序維持権の適切な行使をしてもなお対処が困難である場合などの合理的な理由がある場合は、少数株主を保護するというこの原則の機能を害せず例外的に株主間に取扱の差があっても許容されるからです。)
先生:そうですね。では、株主総会についての質問をしていきます。Aさんの会社における株主総会には、どのような権限がありますか。
生徒:はい、(ア会社法に規定する事項及び株式会社の組織、運営、管理その他株式会社に関する一切の事項について決議をすることができます。)
先生:そうですね。それはなぜですか。
生徒:はい、(ア取締役会非設置会社だからです。)
先生:そうですね。では、公開会社において株主総会を招集するには、取締役は、原則としていつまでに株主に対してその招集通知を発しなければなりませんか。
生徒:はい、(ア株主総会の日の二週間前まで)です。
先生:そうですね。では、Aさんの会社では、取締役は、原則としていつまでに株主に対してその招集通知を発しなければなりませんか。
生徒:はい、(イ株主総会の日の一週間前まで)です。
先生:そうですね。Aさんの会社は非公開会社だからですね。ではこのような招集通知の機関が定められているのはなぜですか。
生徒:はい、(イ株主に議決権行使の機会と準備の余裕を与えるためです。)
先生:そうですね。では、株主総会は、ある要件を満たす場合、招集の手続を経ることなく開催することができますが、その要件とは何でしょうか。
生徒:はい、(株主の全員の同意)です。
先生:そうですね。では、取締役会非設置会社では、どの機関が株主総会の日時場所等を定め、どの機関が招集しますか。
生徒:はい、(イ取締役の過半数の同意により株主総会の日時場所等を定め、取締役が招集します。)
先生:そうですね。では、少数株主も株主総会の招集を請求できますが、取締役会非設置会社における少数株主の要件を答えてください。
生徒:はい、総株主の議決権の100分の3以上の議決権を有する株主)です。
先生:そうですね。では、株主総会における議決権の行使についての質問をしていきます。株主総会における議決権の数は、一株について一個であるのが原則です。これを一株一議決権の原則といいます。では、株主は代理人によって議決権を行使することができますか。
生徒:(アはい、できます。)
先生:そうですね。会社の適正化の要請に合致するからです。では、株主総会において議決権を行使する代理人を株主に限る旨の定款の規定は、有効でしょうか。
生徒:(アはい、有効です。)
先生:そうですね。会社の利益を保護する趣旨にでた合理的理由による相当程度の制限であるからです。では、株主は、その有する複数の議決権を統一しないで別々に行使することができますか。
生徒:(アはい、できます。)
先生:いいでしょう。では、以下のどちらの会社の場合に、株主は、株主総会の日の三日前までに、その会社に対してその有する議決権を統一しないで行使する旨及びその理由を通知しなければなりませんか。
生徒:はい、(ア取締役会設置会社)です。
先生:そうですね。では、決議取消しの訴えについて質問していきます。提訴権者は、株主でなければなりませんが、自己に対する株主総全の招集手続に瑕疵がなくとも、他の株主に対する招集手続に瑕疵がある場合には、株主総会の決議取消しの訴えを提起することができるでしょうか。
生徒:(アはい、できます。)
先生:そうですね。株主総会における公正な決議を保持するためです。では、3種類の取消事由を記述してください。
生徒:はい、①株主総会等の招集の手続又は決議の方法が法令若しくは定款に違反し、又は著しく不公正なとき②株主総会等の決議の内容が定款に違反するとき③株主総会等の決議について特別の利害関係を有する者が議決権を行使したことによって、著しく不当な決議がされたとき)です。
先生:そうですね。では、決議取消しの訴えができる時期について答えてください。
生徒:はい、(ア 株主総会等の決議の日から三箇月以内です。)
先生:そうですね。会社の取引は迅速性が優先されるので、早期に決議の有効・無効を確定して法的安定性を保つためです。では、株主総会の決議取消しの訴えを提起した場合においては、その提訴期間が経過した後であっても、新たな取消事由を追加して主張することができるでしょうか。
生徒:(イいいえ、できません。)
先生:そうですね。もっとも、決議取消しの訴えの提起があった場合でも、裁判所が裁量棄却する場合がありますが、その要件を答えてください。
生徒:はい、株主総会等の招集の手続又は決議の方法が法令又は定款に違反する事実が重大でなく、かつ、決議に影響を及ぼさないものであると認めるとき)です。
先生:いいでしょう。今回はこの辺りにしましょう。
生徒:ありがとうございました。
 
スポンサーサイト



テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

コメント

質問またはコメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/tb.php/402-dfe0da11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)