fc2ブログ

なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

職権取消しと撤回の区別つきますか?!  行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



初めてブログを見に来ていただいた方はまず こちらへ どうぞ!

平成19年度合格者の方々のコメントは こちら です。 

平成20年度合格者の方々のコメントは こちら です。

平成21年度合格者の方々のコメントは こちら です。

過去ログ倉庫&まぐまぐ&ご質問の仕方については こちら をご覧ください。

まぐまぐは、現在すべて公開しております。 


 
まぐまぐの登録をされていない方は、以下のリンク先を参照してみてください。
 
まぐまぐ問題
http://archive.mag2.com/0000260438/index.html


(解説)
 
この問題は、まず行政行為の職権取消しの定義と効果を押さえていれば後はそれを事例にあてはめれば正解できます。
 
そして、似たような概念である撤回の定義と効果も押えておけばより正解を導き出しやすいでしょう。
 
行政行為の職権取消とは、違法な行政行為の効力を、原則として行政行為がなされた時点まで法律関係を元に戻すことをいいます。
 
職権取消の効果は遡及効です。
 
行政行為の撤回とは、成立時には適法であった行政行為を、その後に生じた事情を理由として、将来に向かってその効力を失わせることをいいます。
 
撤回の効果は将来効です。
 
実体法上は撤回ではなく「取消し」という言葉を使いますが、全く意味が違うので注意してください。
 
結果的には、取消と撤回のポイントを理解しているかに尽きる問題です。
 
平成18年度問題10において、職権取消と撤回の比較問題が出ているので以下の記事の解説も合わせて確認しておいて下さい。

  http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-42.html
 
(肢1) 誤
 
取消対象となる行政行為は、「製造所の設置許可」です。
 
後は、これを取消すための事情が、許可のなのかなのかを判断すればいいのです。
 
問題分の事実から「製造所について発せられた移転等の命令に違反」したことを理由に取消すわけですから、すでに「製造所」となったの違反行為だということがわかります。
 
ですから、これは行政行為=許可の事情を理由に取消す「撤回」となります。
 
よって、誤りです。
 
(肢2) 誤
 
取消対象となる行政行為は、「認定」です。
 
これを取消すための事情が、認定の前なのか後なのかを判断すればいいのです。
 
「既に認定を受けた浄化槽が当該変更後の浄化槽の構造基準に適合しない」ことを理由に取消すわけですから、既に「認定」を受けたの事情であるということがわかります。
 
ですから、これは行政行為=認定後の事情を理由に取消す「撤回」となります。
 
よって、誤りです。
 
(肢3) 正
 
取消対象となる行政行為は、「懲戒処分」です。
 
これを取消すための事情が、懲戒処分の前なのか後なのかを判断すればいいのです。
 
「その職員に処分を受けるべき事由のないことが判明」したことを理由に取消すわけですから、「懲戒処分」を受けるの事情であるということがわかります。
 
ですから、これは行政行為=懲戒処分前の事情を理由に取消す「取消」となります。
 
よって、正しく、これが正解肢です。
 
(肢4) 誤
 
取消対象となる行政行為は、「免許」です。
 
これを取消すための事情が、免許の前なのか後なのかを判断すればいいのです。
 
「一級建築士がその業務に関して不誠実な行為」をしたことを理由に取消すわけですから、既に一級建築士の「免許」を受けたの事情であるということがわかります。
 
ですから、これは行政行為=免許後の事情を理由に取消す「撤回」となります。
 
よって、誤りです。
 
(肢5) 誤
 
取消対象となる行政行為は、「建設業の許可」です。
 
これを取消すための事情が、許可の前なのか後なのかを判断すればいいのです。
 
「建設業の許可を受けた建設業者が許可を受けてから一年以内に営業を開始」しないことを理由に取消すわけですから、既に「許可」を受けたの事情であるということがわかります。
 
ですから、これは行政行為=許可後の事情を理由に取消す「撤回」となります。
 
よって、誤りです。
 
このように、問題文の事実を知らなくても、取消対象となる行政行為に着目して、行政行為の事情を理由に取消す「取消」であるか、それとも行政行為の事情を理由に取消す「撤回」であるかを判断できれば容易に正解を導くことができるのです。
 
以上より、正解は3となります。


今回はこの辺りで終わります。

スポンサーサイト



テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

コメント

質問またはコメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/tb.php/392-ff24c3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)