FC2ブログ

なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

スポンサーサイト

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去問派生問題  19年度問題53、54 行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



初めてブログを見に来ていただいた方はまず こちらへ どうぞ!


合格者の方々のコメントは こちら です。


NEW 過去ログ倉庫&まぐまぐ&ご質問の仕方については こちら をご覧ください。


◆ まぐまぐは、迷惑メールや著作権等の関係で最新号のみの発行に変更しましたのでご了承ください。 

  
なお、途中から登録された方でまぐまぐの記事について閲覧をご希望される場合は、コメントしていただければ適切に対応いたしますので、よろしくお願いいたします。





登録されていない方は、以下のまぐまぐの質問をご覧になってください。
(次回の記事のUPまでですのでご注意ください)
http://archive.mag2.com/0000260438/20080930113000000.html
 
 
 
過去問がない方は、下記のリンク先をご覧になってください。
 
 
 
H19問題53および54
http://www.sikakuyo.com/gyousho/honsiken/197mondai.html
 
 
 
個人情報保護法は、今後も毎年出題されることが予想されますから、少なくとも過去問レベルはしっかり押えておきたいものです。
 
 
今回の問題は、両方とも過去問派生問題といえますから、過去問を復習していれば、正解できたのではないでしょうか。
 
 
 
<1>
 
 
(1)~(4)は、H19問題53の肢1~4と対応しています。
 
 
 
 
(1)
 
 
H14問題56の肢3を少し変えて出題しました。
 
 
H15年改正で、手書きの個人情報にも適用されることになりました。
 
 
ネットでの商取引が盛んな現代では、個人情報データベースを保護することは重要ですが、手書きの個人情報であっても、個人情報=プライバシー権の具体化と考えれば、保護されて当然ですね。
 
 
よって、誤りです。
 
 
肢1もほとんど同じ問題ですね。
 
 
保護される個人情報とは、特定の個人を識別することができるものであればいいのです(2条1項)。
 
 
よって、肢1も誤りです。
 
 
 
 
(2)
 
 
 
H17問題55の肢ウです。
 
 
 
この問題自体は「個人名が含まれていなければ」という部分がポイントです。
 
 
個人情報=プライバシーなので、特定の個人を識別することができるものであればメールアドレスなどでもいいのです
 
 
ですから、誤りですね。
 
 
以下の記事も参考にしてみて下さい。
 
 
H17問題55の解説記事
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-166.html
 
 
 
この問題の「顧客のメールアドレスと電話番号10,000件」の部分に重きを置いて出題されたのが、本問の肢2ですね。
 
 
この問題について、一定の数を超えた個人情報データベース等を事業の用に供している個人情報取扱事業者が規制の対象となるということを復習していれば、肢2の「従業者」の部分が誤りだとすぐにわかったはずです。
 
 
よって、肢2は、誤りです。
 
 
このように、過去問のポイントを変えて類似問題が出題されていますので、過去問派生問題といえますね。
 
 
 
(3)
 
 
H18問題56です。
 
 
この問題そのものが適用除外についての問題です。
 
他の人権の保護も考えなければならない場合に、適用除外されるのです。
 
弁護士会だけが関係ないですね。
 
詳細については、以下の記事も参考にしてみて下さい。
 
H18問題56の解説記事
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-88.html
 
よって、誤りです。
 
 
この問題から適用除外の具体例がわかったはずです。
 
そうすると、肢3の情報通信や金融などの分野には適用除外はありませんね。
 
 
よって、誤りです。
 
 
 
 
(4)
 
 
 
H18問題55の肢4です。
 
 
この問題自体は、憲法法律という考え方で正解できます。
 
 
詳細は、以下の記事も参考にしてみて下さい。
 
 
H18問題55の解説記事
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-86.html
 
 
よって、誤りです。
 
 
この問題について、どういう場合に刑事罰が科されるのかを復習していれば、肢4の正誤が判断できたのではないでしょうか。
 
 
個人情報取扱事業者の従業者が保有個人データを自己もしくは第三者の不正な利益を図る目的で盗用しても、ただちに罰則が適用されるわけではありません。
 
 
主務大臣の権限において、罰則が科せられる場合もあるのです。
 
個人情報保護法56条以下を一読しておいてください。
 
 
よって、誤りです。
 
 
以上から、消去法で肢5が正解肢となりました。
 
 
今後の出題のために、認定個人情報保護団体という制度(37条以下)についても簡潔に押えておきましょう。
 
 
まず、個人情報に関する紛争は私人間の問題なので、「民間にできることは民間に」というように、できるだけ民間団体による自主的紛争解決が私的自治の見地から望ましいのです。
 
 
そこで、主務大臣が「認定」していわゆる「お墨付き」をもらった団体なら信用して、苦情処理等を任せることができるので、認定個人情報保護団体という制度ができたのです。
 
 
よって、肢5は正しいのです。
 
 
◆ なお、個人情報保護法の出題可能性として、以下の解説記事も一読しておいてください。
 
 
H18問題57の解説記事
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-87.html
 
 
 
 
 
<2>
 
 
H17問題55の肢アです。
 
故人についてのプライバシーを考えることは原則としてないですね。
 
よって、誤りです。
 
 
以下の記事も参考にしてみて下さい。
 
 
H17問題55の解説記事
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-166.html
 
 
 
この問題は、H19問題54の肢1と全く同じですから、秒殺ですね。
 
 
 
以上のように、個人情報保護法については、過去問そのものやそこから派生する問題が頻出ですので、少なくとも過去問およびそれの周辺部分についての復習はしておきましょう。
 
 
今回はこの辺りで終わります。
 
 
 
スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

コメント

学習計画について

はじめまして。2009年度の行政書士試験を目指しておちます、田中と申します。現在サラリーマンで技術職をしており帰宅時間がまちまちで、時には深夜になることも多々あります。
 課題は①学習時間の確保②これからの学習スケジュールですが、
基本的に2007年度に受講していた行政書士講座を利用したいと思います。時間確保と学習計画のアドバイスをお願いします。

  • 2008/10/18(土) 11:38:08 |
  • URL |
  • 田中 #-
  • [ 編集 ]

ご質問ありがとうございます。

田中様

お仕事しながらの勉強は本当に大変だと思います。

とにかく毎日少しずつでも進む、継続は力なりの気持ちで臨むようにしてください。

(1)学習時間の確保

おそらく仕事のある日はまとまった時間の確保は難しいと思います。

ですから、隙間の時間をうまくつかって勉強するしかないですね。

例えば、通勤時間が長ければ、教材に付属している講義を聴く時間にあてたり、お昼休みなどの細切れの時間には、過去問を1問から2問くらい解くという方法もあります。

お休みの日は、じっくり勉強できるのでどちらかといえばインプットをメインにやって、アウトプットは、お仕事の日に回すという方法がよろしいのではないでしょうか。


(2)学習計画

以下の記事も参考にしていただいているかもしれませんが、科目の優先順位については、憲法→民法→行政法→商法→地方自治法→その他という順番がよろしいかと思います。

行政書士試験では、民法と行政法の出題の割合が多いですが、憲法を理解していると、他の法令もわかりやすくなります。

行政法は憲法の応用科目ですし、会社法の機関は三権分立に類似していますし、また地方自治法は憲法92条以下の応用だからです。

民法の考え方は、行政法でも行政契約等で出てきますし、商法は民法の応用なので上記の順番が理解していく上ではよろしいかと思います。

田中さんがお持ちの教材がどれくらいのボリュームがあるか分かりませんが、1年といってもあっという間なので、4ヶ月くらいで一通りまわして、次は3ヶ月くらい、次は2ヶ月くらいと最低でも3回くらいはインプットできるのが望ましいです。

また、インプットと平行して、過去問も最低でも10年分を3回はまわすようにしてみてください。

ともかくまず大事なことは、継続するという強い意思と実行ですから、最初のころは日々のハードルを低く設定することをお勧めします。

今回はこんな感じですが、またわからないことなどありましたら、ご質問してください。

法令科目
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-10.html

一般知識科目
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-11.html


  • 2008/10/19(日) 16:48:54 |
  • URL |
  • 溝部太郎 #Opc0wLp.
  • [ 編集 ]

溝部先生様
早速具体的なアドバイス有り難うございました。
この回答を早速プリントし、先生のアドバイスを参考に勉強を進めていきたいと思います。今後ともご指導お願いします。

  • 2008/10/21(火) 23:26:14 |
  • URL |
  • 田中 #-
  • [ 編集 ]

溝部先生
H20年度の行政書士試験はもうすぐですが、試験終了後からH20年度の問題解説及びH21年度試験対策のブログはいつからアップされるのでしょうか?溝部先生のブログをペースメーカに試験勉強をさせて頂きます。

  • 2008/10/21(火) 23:35:47 |
  • URL |
  • 田中 #-
  • [ 編集 ]

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

田中様

私のブログをペースメーカーに勉強されるとおっしゃっていただいて
大変光栄です。

ただ、まだ今後の予定については明確に決まっていなくて、現時点では何ともいえず、試験終了後に今後の予定をUPするつもりです。

一応H17から19年度分の3年分の記事はあるので、ひとまずはそれらを参考にしていただけたら幸いです。

H17、18の記事は以下の過去ログ倉庫の方が読みやすくなっているのでご利用ください。

http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-category-14.html

ご質問等はいつでもしていただいて大丈夫ですので、お待ちしております。

また、個人的なことに関しては、メールアドレスを添付して管理者あてにコメントしていただければ、直接メールをさしあげることもできますのでよろしくお願いいたします。

今から少しずつ勉強頑張っていきましょう!



  • 2008/10/22(水) 18:21:13 |
  • URL |
  • 溝部太郎 #Opc0wLp.
  • [ 編集 ]

質問またはコメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/tb.php/249-26503c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。