fc2ブログ

なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

ぶん、ぶん、ぶん!?  平成17年度 問題44、45の過去問分析 

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



初めてブログを見に来ていただいた方はまず こちらへ どうぞ!



合格者のコメントは こちら です。


問題44、45は、穴埋めの国語問題ですが、あまり解説することもなく、簡単なので一緒に解き方を説明していきます。

なお、問題41~43は、もう出題可能性の低い漢字、語句説明問題なので、省略いたします。

問題44、45を分析していきましょう。

過去問がない方は下記のリンクで参照してください。
http://www.sikakuyo.com/gyousho/honsiken/176mondai.html


<問題44>

ヒントが明示されている超サービス問題です。

問題文に以下のようなヒントとなるルールが明示されていますので、後はこのルールに則って穴埋めをしていけば、簡単に答えがでます。

「ヒントにしてよく言われるのは、「出来事が起きる場所は[a]を使う、物や人が存在している場所は[b]を使う」というルールで、図書室[c]百科事典がある。図書室[d]会議がある。」

このルールから、aには「で」bには「に」cには「に」dには「で」が入ることは簡単にわかりますね。

そうすると、解答が肢4か5に絞れられます。

後は、肢4のf・h 、肢5のe・jのうち、どれか一つに「で」が入れば、それが誤りですから、簡単に正解できます。

本問は、f・hに「で」  e・jに「に」が綺麗に分かれて入りますから、肢5が正解となります。

どんなに調子が悪くても、この問題は絶対に落としてはいけない問題です。


<問題45>

穴埋めが二つしかありませんから、一つ入れると、少なくとも正解率50%になってしまう問題です。

このような穴埋め問題は、空欄の周辺部分に必ずといっていいほどヒントがありますから、まずは、その周辺部分だけを読んで解けないか探ってみることが時間の節約にもなって大事です。

そうすると、まず「たとえば~」以下から読んで、空欄Aの周辺部分に集中して読んでみると、「~というような現象は、…一つの集団の中で誰かが[A]にある、という点でタテという構造の上で何らの変化はなく、同一の構造におけるバリエーションにすぎない~」とありますね。

「集団」とありますから、意味から、入る言葉が決まってしまいますが、要するに、ある集団において、誰を主役にしてスポットライトを当てるかというだけのことであって、主役が誰になろうとも、その集団自体は何も変わらないといいたいのでしょう。

ですから、Aには、肢2の「中心的な存在」または肢5の「中心的な位置」しか入りませんね。

後は、Bに「二律背反的」または「二項対立」のどちらかが入るかを考えればよいのです。

Bの周辺には、「~夫と妻が対応し、その各々が侵すことのできない役割、場をもっているという[B]な構造とは異なっています」とありますから、Aの構造とは異なっていることがわかります。

そして、最大のヒントは「その各々が侵すことのできない役割、場」の部分です。

「二律背反的」だと、両者が矛盾しあって、侵食しあう関係にありますから、「侵すことのできない」ものとは異なりますね。

そうすると、「二項対立」という言葉しかないですね。

「中心のある集団」に対して、「対等な関係に分かれている集団」という意味と考えれば、意味的にも合致しますね。

ですから、Bには「二項対立」が入ります。

よって、肢5が正解となります。

今回のような国語問題は、いかに時間を節約して、確実に正解するかが鍵となりますので、国語が苦手な方は、後回しにして、最後にじっくりやる方法でもよいでしょう。

今回はこの辺りで終わります。
 


役に立ったと思っていただけましたら

をポチッとよろしくお願いいたします。
 
スポンサーサイト



テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

コメント

質問またはコメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/tb.php/156-fcd8e474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)