なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

スポンサーサイト

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法上の住所ってマイナーだよね? 行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



(WEB練習問題)

WEB練習問題を平日に毎日1問UPすることにしましたので是非以下の問題をトライしてみてください。


(H18-28)

民法上の住所に関する次のア~オの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

ア 住所が知れない場合において、居所を住所とみなすことはできない。
イ 日本に住所を有しない外国人は、日本における居所をその者の住所とみなすことはできない。
ウ ある行為について仮住所を選定したときは、その行為に関しては、その仮住所を住所とみなす。
エ 住所が複数ある場合には、本籍地を住所とみなす。
オ 住民票に記載されている住所と本籍地が異なる場合には、住民票に記載されている住所を民法上の住所とみなす。

1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 四つ
5 五つ


解説は以下をクリックしてみてください。

WEB練習問題



(有料講座のご案内)

合格ファーム(有料講座)では、よりわかりやすく質の高い講座を低価格で提供させていただきますので、奮って参加いただけたら幸いです。


講座内容は以下をクリックしてください。

講座内容



料金: 26,980円
内訳: 入会金:7,000円(5月末までの申込で 30%OFF 受講料:19,980円
※ 入会金7,000円は、合格後に合格お祝い金として全額返金いたします。


詳細については以下をクリックして資料請求してください。

資料請求


初学者の方はもちろん受験経験のある方からも大好評です。

以下をクリックして動画解説講義のサンプルをご覧になってください。


憲法第1回動画解説講義(全体編①)

憲法第4回動画解説講義(詳細編④)

憲法第1回動画解説講義(実践編①)


お申込はこちらから

カード決済も可能となりました。

カードでのお申し込みおよび決済は、以下のストアからお待ちしております。

カード決済はこちらから

スポンサーサイト

テーマ:行政書士 受験&実務 - ジャンル:学校・教育

制限行為能力者と取引をした相手方は保護される? 行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



(WEB練習問題)

WEB練習問題を平日に毎日1問UPすることにしましたので是非以下の問題をトライしてみてください。


(H18-27)

制限行為能力者と取引をした相手方の保護に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 制限行為能力者が自己の行為を取り消したときには、相手方は受け取っていた物を返還しなければならないが、相手方は、制限行為能力を理由とする取消しであることを理由に、現に利益を受けている限度で返還をすれば足りる。
2 制限行為能力者が未成年者の場合、相手方は、未成年者本人に対して、1か月以上の期間を定めてその行為を追認するかどうかを催告することができ、その期間内に確答がなければその行為を追認したものとみなされる。
3 制限行為能力者が成年被後見人であり、相手方が成年被後見人に日用品を売却した場合であっても、成年被後見人は制限行為能力を理由として自己の行為を取り消すことができる。
4 制限行為能力者が被保佐人であり、保佐人の同意を得なければならない行為を被保佐人が保佐人の同意またはそれに代わる家庭裁判所の許可を得ずにした場合において、被保佐人が相手方に対して行為能力者であると信じさせるために詐術を用いたときには、制限行為能力を理由としてこの行為を取り消すことはできない。
5 制限行為能力者が被補肋人であり、補助人の同意を得なければならない行為を被補助人が補助人の同意を得てした場合であっても、相手方は、制限行為能力を理由として補助人の行為を取り消すことができる。

解説は以下をクリックしてみてください。

WEB練習問題



(有料講座のご案内)

合格ファーム(有料講座)では、よりわかりやすく質の高い講座を低価格で提供させていただきますので、奮って参加いただけたら幸いです。


講座内容は以下をクリックしてください。

講座内容



料金: 26,980円
内訳: 入会金:7,000円(5月末までの申込で 30%OFF 受講料:19,980円
※ 入会金7,000円は、合格後に合格お祝い金として全額返金いたします。


詳細については以下をクリックして資料請求してください。

資料請求


初学者の方はもちろん受験経験のある方からも大好評です。

以下をクリックして動画解説講義のサンプルをご覧になってください。


憲法第1回動画解説講義(全体編①)

憲法第4回動画解説講義(詳細編④)

憲法第1回動画解説講義(実践編①)


お申込はこちらから

カード決済も可能となりました。

カードでのお申し込みおよび決済は、以下のストアからお待ちしております。

カード決済はこちらから

テーマ:行政書士 受験&実務 - ジャンル:学校・教育

未成年者の能力を補充せよ! 行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



(WEB練習問題)

WEB練習問題を平日に毎日1問UPすることにしましたので是非以下の問題をトライしてみてください。


(S63-33改題)

未成年者の能力に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

1 未成年者が、借金の返済を受けるためには、法定代理人の同意が必要である。
2 未成年者は、法定代理人から営業の許可をされた場合には、その営業に関しては成年者と同一の能力を有する。
3 未成年者でも婚姻をすると成年に達したものと推定される。
4 未成年者の法律行為は、贈与される場合であっても、法定代理人の同意を必要とする。
5 未成年者は、法定代理人が目的を定めて、処分を許した財産については、その目的の範囲内であれば、随意にこれを処分することができる。
6 未成年者は、法定代理人の同意なく売買契約をしたところ、法定代理人がその契約を追認した後でも、取り消すことができる。
7 法定代理人が営業の許可を取り消した場合、すでになされた売買契約なども遡及的に消滅する。
8 未成年者は営業の許可を受けても、婚姻するには父母の同意が必要である。

解説は以下をクリックしてみてください。

WEB練習問題



(有料講座のご案内)

合格ファーム(有料講座)では、よりわかりやすく質の高い講座を低価格で提供させていただきますので、奮って参加いただけたら幸いです。


講座内容は以下をクリックしてください。

講座内容



料金: 26,980円
内訳: 入会金:7,000円(5月末までの申込で 30%OFF 受講料:19,980円
※ 入会金7,000円は、合格後に合格お祝い金として全額返金いたします。


詳細については以下をクリックして資料請求してください。

資料請求


初学者の方はもちろん受験経験のある方からも大好評です。

以下をクリックして動画解説講義のサンプルをご覧になってください。


憲法第1回動画解説講義(全体編①)

憲法第4回動画解説講義(詳細編④)

憲法第1回動画解説講義(実践編①)


お申込はこちらから

カード決済も可能となりました。

カードでのお申し込みおよび決済は、以下のストアからお待ちしております。

カード決済はこちらから

テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

胎児における停止条件説ってどういう意味? 行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



(WEB練習問題)

WEB練習問題を平日に毎日1問UPすることにしましたので是非以下の問題をトライしてみてください。


(H1-33改題)

次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

1 所有権の侵害による損失が軽微で、しかも侵害の除去が著しく困難で多大な費用を要する場合に、土地所有者が不当な利益を得る目的で、その除去を求める事は許されない。
2 信義誠実の原則は、権利の行使又は義務の履行だけでなく、契約の趣旨を解釈する基準にもなる。
3 親が胎児のためになした損害賠償請求に関する和解は、後に生まれた子を拘束する。
4 自然人は、出生と同時に、権利能力があり、この出生とは、体が母体から全部露出した時点をいう。
5 自らの賭博によってできた借金を支払った後に、賭博は無効であると主張して、支払った金銭の返還を求めることができる。
6 胎児は、生まれてくるまで遺産分割協議ができないが、相続の承認・放棄は、3ヶ月という期間制限があるので生まれる前でも代理人によってすることができる。


解説は以下をクリックしてみてください。

WEB練習問題



(有料講座のご案内)

合格ファーム(有料講座)では、よりわかりやすく質の高い講座を低価格で提供させていただきますので、奮って参加いただけたら幸いです。


講座内容は以下をクリックしてください。

講座内容



料金: 26,980円
内訳: 入会金:7,000円(5月末までの申込で 30%OFF 受講料:19,980円
※ 入会金7,000円は、合格後に合格お祝い金として全額返金いたします。


詳細については以下をクリックして資料請求してください。

資料請求


初学者の方はもちろん受験経験のある方からも大好評です。

以下をクリックして動画解説講義のサンプルをご覧になってください。


憲法第1回動画解説講義(全体編①)

憲法第4回動画解説講義(詳細編④)

憲法第1回動画解説講義(実践編①)


お申込はこちらから

カード決済も可能となりました。

カードでのお申し込みおよび決済は、以下のストアからお待ちしております。

カード決済はこちらから

テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。