なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

スポンサーサイト

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度行政書士試験 合格率25% 合格ファーム

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



2012年度 行政書士試験 合格発表

行政書士試験センターによると、2012年度(平成24年度)の本試験の合格率は、2011年度よりも高い数字でした。

合格率は、9.19%と平成15年度以降最も高い数字で、平成21年度の合格率9.05%に近い数字でした。

合格基準点以上とれば人数調整することなく合格できるものですから、この数字の意味するところは、問題が去年度よりも簡単となり、平成21年度と同等の難易度であったということです(母集団のレベルが1.2年で相対的にアップすることは確率・統計的にみて通常ありません)。

ただし、今回は、全員正解問題(問題16)があり、その影響で合格率が上がったとも思われます。

とはいえ、10年連続して合格率が一桁台で100人の受験者のうち約91人が不合格となる試験ですから、厳しい試験であることは間違いないでしょう。

ですから、来年度の試験に合格を勝ち取るためには、平成24年度の過去問を含めて、過去問の徹底的な分析がますます必要となってきています。

平成24年度の問題を見ても、過去問に関連する出題が多く、この過去問の徹底的な分析が合格のための必要かつ十分条件といえるでしょう。



<合格された方へ>



本当に合格おめでとうございます!


合格ファーム(有料講座)でも複数名から合格の一報が届いております!


現時点において、受講生総数60名 本試験受験者数24名 合格者6名となっており、合格率は、昨年度の20%から25%へと5%UPとなりました。

現在合格者の方には、合格体験記を記載していただいているので、後日合格ファームのWEBサイトにUPします。

来年度も引き続き合格率がUPするように充実した講座を提供させていただきたいと思っております。


ブログをご覧になっている方の中にも合格された方がたくさんいらっしゃると思います。

合格の瞬間は本当に何ともいえない達成感があることでしょう。

喜びガッツポーズを取っている方、ホッと胸をなでおろしている方、新たなステップへと闘志を燃やしている方、とそれぞれいらっしゃると思います。

この1年間ご自分のやってきたことが結果に現れて本当によかったですね。

合格後も色々考えることがあるでしょうが、今はとにかく大いに喜びましょう!

何事も一つ一つのハードルを乗り越えて次に進むわけですから、ご自分の日々の努力の積み重ねによって、その一つのハードルを乗り越えたことに誇りを持ちましょう!

そして、今後、行政書士として活躍するのか、別のさらに難関な資格を目指して頑張るのか色々道はございますが、それぞれの方の新たなる出発を祝福させていただきたいと思っております。

本当に合格おめでとうございます!

なお、もしブログをご覧になっている方の中で、よろしかったら、一言でもいいので私のブログ記事の方に書いていただけたら幸いです。

コメント欄でもいいですし、管理者宛に送っていただいてもかまいません。

来年度の受験生のために、それを記事にさせていただけると幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。





<惜しくも涙をのんだ方へ>


本当に残念でした。 受験番号がないという結果は非情ですね。

とりわけボーダーにいた方は、おそらく今は何も考えられないでしょう。

しかし、結果が全てではありません。

行政書士試験の勉強を始めてからものの見方が随分変わったと思いませんか?

一般常識と法律とでは随分違うものだなあと感じられているはずです。

今後ますますアメリカ型の契約社会になっていきますから、法律的な見方ができるというだけで安心感が違うはずですから、ご自身の役にたっていることは間違いないはずです。

ですから無駄な1年を過ごしたなどとは思わないでください。

私も一度落ちた経験があります。

そのときは、ショックでしばらく何をしてよいのかわかりませんでした。

何がいけなかったのか…ありとあらゆるネガティブなことばかり考えてしまいました。
もう一度受けるのか、違う道に進んだほうがいいのか、とずいぶん悩みました。

最初の記事にも書いたように、私は、過去問や予想問題集は5回くらい解き、予備校の模試も人並み以上に受けて復習しました。

一般にやるべきこととされていることは全てやったつもりでした。

しかし、結果は出ませんでした。

それは暗記に頼りすぎて、理解が不足しているためだったのです。

本来は過去問と同じ内容を聞いている問題であっても、少し角度を変えた問題になると途端にできなくなっていたのです。

そこで過去問を自分なりに様々な角度から分析し、この問題を解くために必要な知識と理解、しかも最小限度のものはないだろうか、と試行錯誤しながら勉強したのです。

その1年間でわかったのはとにもかくにも基礎力の充実がいかに大事であるかということです。

基礎力をしっかり身につけて過去問と同じ内容の問題については、どのような角度から出題されても正解できる力を養う必要があると思いしっかり理解するように努めました。

そうすると、知らないうちに実力がどんどんついてきて翌年度にかなりの高得点で合格できました。

ですから、受験生の皆さんにも是非理解する力を身につけていただきたいのです。

すぐに今年度の本試験を振り返るというのはなかなか精神的に辛いとは思いますが、来年に向けて一日でも早く準備に取り掛かることが来年の笑顔に結びつきます。


合格ファーム(有料講座)では、昨年12月18日から、すでに有料講座を開始しております。

よりわかりやすく質の高い講座を低価格で提供させていただきますので、奮って参加いただけたら幸いです。

また、発表後コースは、2月12日(火)からとなっておりますのでご検討ください。



講座内容は以下をクリックしてください。
http://www.goukakufarm.com/kouza-naiyo.html



料金: 26,980円
内訳: 入会金:7,000円(3月末までの申込で 30%OFF 受講料:19,980円
※ 入会金7,000円は、合格後に合格お祝い金として全額返金いたします。



詳細については以下をクリックして資料請求してください。
https://ws.formzu.net/fgen/S27251604/


初学者の方はもちろん受験経験のある方からも大好評です。

以下をクリックして動画解説講義のサンプルをご覧になってください。

憲法第1回動画解説講義(全体編①)
http://www.youtube.com/watch?v=AHq1z3HNJK0

憲法第4回動画解説講義(詳細編④)
http://www.youtube.com/watch?v=cO42hbZX4wA

お申込はこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S31288253/

来年の今頃には笑顔で逢いましょう!



溝部 太郎
スポンサーサイト

テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

WEB練習問題 更新 

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



行政書士試験用 WEB 練習問題を更新しましたので、是非ごらんになってください。


今回は、ボタンで正誤判定することができる仕様にしました。

また、憲法の問題数を5題増やし、左下に練習問題一覧を追加いたしました。

以下の WEB練習問題(無料サンプル版) の部分をクリックして試してみてください。

WEB練習問題(無料サンプル版) へ GO

少しずつ改良していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。


テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

WEB練習問題への移行

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!




いつもブログをご覧になっていただきましてありがとうございます。

今後は、より見やすく勉強しやすいように、ブログにある過去問等を無料のWEB練習問題として公開していく予定です。

以下の WEB練習問題(無料サンプル版) の部分をクリックして試してみてください。


WEB練習問題(無料サンプル版) へ GO


今後の予定は以下のとおりです。

・過去問をできるだけすべて解説していく。

・過去問を年度別、科目別に検索することができる。

・ボタンで正誤判定することができる。

・個人の正誤判定を記録して、間違えた問題だけを表示することができる。

・問題をランダムに入れ替えることができる。

・問題文の一部をランダムに変更してオリジナルの問題に早変わりさせる。


その他、受験生の皆さんの利用しやすいものに、どんどん変更していきます。

まぐまぐとブログで毎週日曜日に問題などをUPしたことをお知らせいたします。

毎週少しずつ変化していくことも是非楽しんでいただけたら幸いです。

また、ご意見ご要望などありましたら、できるかぎりお答えしたいと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


溝部太郎




テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

謹賀新年 & ブログリニューアル

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



謹んで新年のお慶びを申し上げます。


昨年も沢山の方々にブログ、HPおよびまぐまぐを閲覧していただきまして大変感謝しております。

皆様のおかげでブログは今年で6年目に突入し、閲覧者数も昨年10万カウンタを突破いたしました。

皆様にとって今年も素晴らしい一年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

なお、2013年度の試験に向けてブログをリニューアルいたしますので今しばらくお待ちください。

1
月20日(日)からを予定しておりますが、変更がある際は、またご連絡いたします。


本年もよろしくお願いいたします。


溝部 太郎




2013年度本講座のお知らせ>

 

20121218日(火)から2013年度本講座がはじまりました。

 

【受講回数および内容】

 

2013年度本講座(全70回)

 

動画解説講義(全体編)

動画解説講義(詳細編)

音声解説講義

テキスト、演習問題・解説、マインドマップ

模擬試験4

 

 

2013年度から追加・変更されるのは、大きく分けて以下の2点です。

 

1) 動画解説講義(詳細編)

 

2012年度に好評だった音声解説講義および動画解説講義(全体編)に加えて、各科目の重要であるにも関わらずわかりにくい分野について詳細に解説する動画解説講義を行います。

 

(例)

・憲法:人権の違憲審査基準をストーリー形式で動画にする。

・民法:代理、抵当権、根抵当権、債権総則、契約総論などをストーリー形式で動画にする。

・行政法 

行政法総論行政手続法行政不服審査法行政事件訴訟法までを一つのストーリー形式で動画にする。

 

このような動画によって、初心者はもちろん、受験経験者であっても重要かつわかりにくい部分が今まで以上にスッキリとわかる講座となります。

 

2) 模擬試験4

 

2013年度本講座では、模擬試験を4回行う予定です。

1回第2回は、法令科目のみの範囲です。

3回第4回は、本試験と同様の範囲です。

模擬試験には、数値・グラフによる正答率および講評の他、第3回第4回では、個人成績表も作成いたします。

 

【料金】

 

受講料:19,980

 

1回あたりたったの約285円 全70回講義(模擬試験4回分含む)

 

入会金:5,000円  通常1万円が合格発表前の申込みに限り50OFF

入会金は合格後に全額返金いたします!

 

 

詳細につきましては、HP 行政書士試験 合格ファームを参照して、こちらから 資料請求 をしてください。

 

なお、発表前に申し込まれた場合でも、2012年度の試験に合格していた場合は、2013128日の合格発表日の前日までに本試験受験番号を教えていただければ、料金を全額返金いたします。




テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。