なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

スポンサーサイト

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制限行為能力者と取引をした相手方の保護  行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



(解説)




肢1
 
この問題のポイントは、「相手方は、~現に利益を受けている限度で返還をすれば足りる。」の部分です。
 
本来、取り消されれば、いわば「今までのことは無かったことにしてくれ」ということであって、法律行為が遡及するので、受け取ったもの全てを返還しなければなりません。
 
にもかかわらず、現に利益を受けている限度で返還をすれば足りる(121条)としたのは、公平の観点から制限行為能力者を保護するためです。
 
ですから、相手方は全額返還するのが当たり前です。
 
よって、肢1は誤りです。
 
 
肢2 
 
この問題のポイントは、「相手方は、未成年者本人に対して、~催告することができ」の部分です。
 
制限行為能力者である未成年者は、単独では完全に有効な法律行為をし、または受けることができません。
 
ですから、相手方は、能力が備わった未成年者か、または法定代理人に催告するべきなのです。
 
よって、肢2は誤りです。
 
肢3 
 
この問題のポイントは、「相手方が成年被後見人に日用品を売却した場合であっても、~自己の行為を取り消すことができる。」の部分です。
 
売買は法律行為であるから、成年被後見人は取り消すことができるのが原則です。
 
しかし、売却の対象が食料などの日用品であっても、常に取消すことができるとすると、取引の相手方が不当に不利益を被るので公平の観点から、日用品に限っては、例外的に取消しの対象から除外したのです。
 
また、ノーマライゼーションの見地から社会的弱者である成年被後見人の自己決定を尊重するためでもあります(9条)。
 
よって、肢3は誤りです。
 

4  正
 
この問題のポイントは、「詐術を用いたときには、制限行為能力を理由としてこの行為を取り消すことはできない。」の部分です。
 
被保佐人が保佐人の同意などを得ずにした場合は、能力の補充がされていませんから、取り消すことができるのが原則です。
 
しかし、被保佐人が相手方に対して行為能力者であると信じさせるために詐術を用いた場合にも、取り消しができるとして被保佐人を保護するのは、取引の相手方が不当に不利益を被ります。
 
そこで、公平の観点から、詐術を用いた場合、例外的に取消すことができないとしたのです(21条)。
 
よって、肢4は正しいです。
 
なお、原則と例外を区別して理解することは民法を得意にする上でとても重要なので意識して勉強してみてください。
 
 
5  誤
 
この問題のポイントは、「相手方は、~補助人の行為を取り消すことができる。」の部分です。
 
そもそも取消すことができるのは、(120条)、制限行為能力者の保護のためです。
 
相手方には肢2にあるように、催告権(20条)があり、確答がない場合に取消擬制される場合もあります。
 
また、取引の相手方は通常契約の維持を望むでしょうから、催告権以上の取消権を与えるのは公平の観点から妥当でありません。
 
よって、肢5は誤りです。



  以上より、正解は 4 となります。



  この辺りの問題は民法でも最初に勉強するところですので、確実に正解できるようにしておきましょう。



  今回はこの辺りで終わります。


スポンサーサイト

テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。