なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

スポンサーサイト

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法総則 通則・権利の主体 行政書士試験

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



初めてブログを見に来ていただいた方はまず こちらへ どうぞ!

平成19年度合格者の方々のコメントは こちら です。 

平成20年度合格者の方々のコメントは こちら です。


平成21年度合格者
の方々のコメントは こちら です。

過去ログ倉庫&まぐまぐ&ご質問の仕方については こちら をご覧ください。

◆ まぐまぐは、現在すべて公開しております。 


 
まぐまぐの登録をされていない方は、以下のリンク先を参照してみてください。
 
まぐまぐ問題
http://archive.mag2.com/0000260438/index.html

 

 



 
ホームページが新しくなりました。
 
是非ご覧になってください。
http://www.goukakufarm.com/newhp/index.html


2010年度の講座案内およびサンプルができました。


2010年度の講座を受講された方は、次年度以降に受講料が改定しても
合格するまで毎年度5980円で受講できる特典がつきます。

合格講座の資料請求は以下URLのメールフォームからすることができます。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2bb8d0f979494



お申し込みは、以下URLのメールフォームからすることができます。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c0b4315079495



まぐまぐの問題の解説です。  
 
 
1 正 
 
その通り、全部露出説です。
 
自然人は、出生と同時に、権利能力があり、この出生とは、体が母体から全部露出した時点をいいます。
 
何だか当たり前のような気もするかもしれませんが、出生に関しては沢山の学説があります。
 
そのうち一部露出説という考えを紹介しておきます。
 
どこが異なるのかというと、例えば、赤ちゃんが生まれる瞬間に、父親が交通事故で死んでしまったような場合です。
 
この場合に、赤ちゃんも死産だった場合に、生まれてから死んだのか、死んでから生まれたのかで、この赤ちゃんに相続が発生するかどうかの結論が異なるのです。
 
赤ちゃんが逆子で下半身は体外に出ていたのですが、窒息死してしまったような場合、全部露出説からすると生まれたことにはならないので、この赤ちゃんには相続は発生しないことになります。
 
これに対して、一部露出説からすると出生していることになるので、相続が発生することになります。
 
このように、相続で異なるのです。
 
2 誤 
 
信義則にあるクリーンハンズの原則です。
 
自ら法を尊重するものだけが法の尊重を要求することができるという原則をいいます。
 
3 正
 
 借金の返済は元本の消滅となるため、被保佐人にとって不利益な行為なのです。
 
どうして不利益となるのだろうと思われるかもしれません。
 
例えば、100万円を貸して、利息が毎年1万円ついていたとしましょう。
 
この場合に、元本である100万円を返済されると、その元本から利息が生じなくなりますね。
 
利息が生じなくなるというのは被保佐人にとって不利益な行為であると考えるのです。
 
ですから、元本を返済してもらう場合には、保佐人の同意が必要となるのです(13条1項1号)。
 
4 誤
 
営業の許可の取り消しは、将来に向かって消滅する撤回の意味です。
 
つまり、営業の許可を取消しても、遡及的に無効となるのではなく、将来に向かって消滅するということです。
 
例えば、今日まで営業を許可していたけれども、明日から許可をやめるということです。
 
ですから、過去の営業でなされた契約については、有効のままであるということです。
 
そのため、既存の契約関係に影響をもたらさないのです。
 
取消という文言を使用していますが、遡及的に消滅する取消と、将来に向かって消滅する撤回としての意味を有する取消がある点に注意しましょう。
 
5 正
 
そのとおり(737条)。営業の許可と婚姻の同意とは別です。


以上より誤っているのは2と4の2つです。
 
 
今回はこの辺りで終わります。



スポンサーサイト

テーマ:行政書士と法律資格 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。