なぜ あなたは 行政書士試験に 合格できないのか?

どの法律系資格であっても、その確実なGETに必要なのは徹底的な過去問分析と方法論なのです。

スポンサーサイト

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直前期をどう過ごすか

初めての方は 「なぜこのタイトルになったのか」

New 2014年度合格者の声は、こちら

YOUTUBE動画は、以下からご覧になってください。

New 憲法第1回 動画解説講義(全体編①)

New 憲法第1回 動画解説講義(実践編①)

できるだけ必要最小限の基本的知識で過去問の解説を試みております。
それには私なりの理由があるので、関心のある方は こちらへ どうぞ!


まぐまぐは こちらから どうぞ!



初めてブログを見に来ていただいた方はまず こちらへ どうぞ!


合格者の方々のコメントは こちら です。


過去ログ倉庫&まぐまぐ&質問の仕方については こちら をご覧ください。






直前期をどう過ごすかについて、そろそろ私も記事にしようと思っていたところ、
昨日ご質問をいただいたので今回記事にしました。


<模擬試験の利用方法>

この時期になると、そろそろ予備校などで模擬試験が始まっていると思います。


模擬試験をどのように有効活用するかで残りの2ヶ月半の勝負が決まります。


まず、模擬試験と本試験では出題の意図や難易度にかなりのがあります。


模擬試験は、あくまでも今の勉強の進み具合の確認程度に思ってください。


あまり、模擬試験で深く勉強して慣れてしまうと、本試験の出題の意図から遠ざかり、本試験で点数がとれなくなってしまいます。


私も、1年目は模擬試験や予想問題集のやりすぎで、模擬試験で点数がとれるようになりましたが、本試験では合格点をとれませんでした。


ですから、模擬試験で点数をとれなかったとしても、本試験で合格点をとれないことにはなりません。


また、模擬試験の点数は全く気にする必要はないです。


私が2回目で合格したとき、直前の模試で合格点を下回っていたこともありました。


しかし、過去問の分析をしっかりやっていたために、本試験では相当
上位で合格したと思っています。


そして、模擬試験や予想問題集を中心に勉強すると、覚えなければならない量が沢山あるような錯覚をしてしまいます。


模擬試験や予想問題集は、過去問で出題されていない分野も網羅的に扱うので、テキストや教科書にでてくる細かい知識まで聞いてきます。


細かい知識が増えると、逆にどんどん基本的な知識が頭から抜け落ちてきますので、知っていなければならない基本的知識と細かい知識との区別が自分でできなくなってきます。


頭に入っている知識が全部重要なものに思えてきてしまうからです。


このような勉強方法は知識の量の割に、本試験での点数が伸び悩むものなので非効率的なのです。


ですから、逆に少ない基本的な知識でどのように問題を解くかがとても重要になってきて、その辺のところを私のブログでは扱っているのです。


細かい知識を増やしていく勉強は、百害あって一利なしです。


また、予備校などの模擬試験では、正答率を気にしてください。


正答率が50%未満のものは基本的に復習しなくていいです。


半分以上の受験生ができない問題を得意になる必要はないですし、
時間の無駄です。


まず、正答率が70%以上の問題を復習して、時間が許す限り、50%以上の問題を復習してください。


合格レベルにある人ならば正答率が70%以上の問題をほとんど間違えません。


ですから、合格レベルにある人に追いつくようにまずは正答率が70%以上の問題を復習するのです。


そして、模擬試験を復習するとき、私のブログでも重要視している
出題形式にも着目してください。


たいてい正答率が高いのは組合せ問題であり、正答率が低いのは個数問題です。


仮に、正答率が低い組合せ問題があった場合、それは内容が難しいとわかります。


また、正答率が高い個数問題があった場合、逆に簡単な問題だとわかります。



市販の模擬試験集についてですが、
正答率がでてないものが多いでしょうから、正直あまりお勧めしません。


正答率がわからないと誰もできないような難易度が高い問題まで全て復習することになる可能性もあり、余計な知識が増えるので非効率的なやり方だと思います。


今の時期は、とにかく過去問を中心に勉強して、まず過去問は9割以上できるようにしておくことが大事です。


(なお、当然のことですが、試験改正後に出題されなくなった範囲の問題はやる必要はありません。)

模擬試験は結果を気にせず、本試験までのモチベーション維持、あるいは、知識の確認のためのペースメーカーとして利用されるといいと思います。



★ 以前この続きにあった具体的な勉強方法については以下の記事に分割して掲載いたしましたのでご了承ください。
http://sakuradarimuseo07.blog110.fc2.com/blog-entry-190.html


スポンサーサイト

テーマ:資格取得 - ジャンル:学校・教育

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。